お知らせ

わいわい農園を始めました

この度「放課後等デイサービス わいわいはうす」では、児童にとってより良い環境づくりと社会生活の基盤となるために「わいわい農園」を開園しました。

作物を育てることによって児童の得る事は沢山あり、土いじりをすることによって身体的にも強くたくましく成長が見られます。

 

■土遊びは五感を刺激する「感覚遊び」

砂や土での遊びは、“感覚遊び”と言います。ものを見たり、聞いたり、触ったりすることにより楽しむもので、主として感覚器官を使って遊ぶものです。

子どもにとって遊びは生活そのもの。砂場は成長していく上で、とても大切な場所と言えるのです。

最近では、砂遊びや、どろんこ遊びを、“手や服が汚れるから”という理由でさせない親も増えているようです。でも、五感を刺激したり、雑菌への抵抗力をつけたり、日光を浴びてビタミンDの形成が促されたりと、屋外での砂遊び・土遊びは子どもの心も体も鍛えてくれるのです。

 

■土遊びでは社会生活の基盤となる力が育つ

「友達と楽しく遊ぶ中で、コミュ二ケーション能力が伸びていきます。言葉を通して自分の気持ちを相手に伝えたり、時には思い通りに行かない葛藤の中で人間関係が育ち、社会生活の基礎となる力が育ってくるのです」

子どもは外で土に触れながら自由に遊ぶことを通じて、社会性を身につけられるのですね。砂場は、子どもたちにとって、まるで社会の縮図のようなものでしょう。

 

S__1015818

waiwainouen_1

最近の記事

ページ上部へ戻る